青汁を原料から選ぶならなにがおすすめ?美味しいのはなに?

青汁に使用される原料というのは様々ありますが、ケール、明日葉などが最近は多いです。
その他にも青汁に使用されている原料は様々ありますので、いくつかピックアップしてご紹介します。
美味しい青汁を選ぶうえで原料を知るというのはとても重要ですよ。

ケール

ケールという野菜は耳にしたことがあると思います。
このケール、日本で見かけることはほとんどないのですが、わずかに国産のものもあります。
生搾り用青汁として通販で販売されていることもあります。

国内ではそこまでメジャーではありませんが、ヨーロッパではメジャーな野菜として知られています。
まずい飲み物としてとても有名な青汁の原料ですが、よく食べられているようです。

ケールはキャベツの原種ですが、キャベツのように結球はしません。
ビタミン類が他の緑黄色野菜に比べると圧倒的に多く含まれています。

明日葉

明日葉は日本原産の多年草です。
今日摘んでも明日には新しい芽が出る、と言われているほどに非常に成長が早く、生命力が強いです。

明日葉はセリ科には薬用植物が多いのですが、江戸時代には天然痘予防として用いられていたほどに栄養価が高いです。

もっと古くには不老長寿の妙草とされていたと言われています。
明日葉は野菜の中でもビタミン、ミネラル、そして食物繊維が非常に豊富に含まれ得ています。
また、植物としては良質のタンパク質が含有されていることが分かっています。
ただ、1つひとつの栄養素でみると含有量の多い野菜もあるのですが、明日葉は多くの栄養素が含まれており、さらに1つひとつがある程度多く含まれているというのが特徴なのです。

大麦若葉

飲みやすさ、栄養価、安全性といった面からも近年注目されているのが大麦若葉です。
まさしく注目の青汁素材だといえます。
初めて青汁を飲む方でも抵抗もなく飲むことができる抹茶感覚の風味となっています。
とてもバランスの良いビタミン、ミネラル、酵素などが含まれています。
収穫時期がとても寒い冬であることからも農薬を一切使用せずに栽培されています。

大麦若葉が持つ健康に対しての効果というのは、数多くのメディアにおいても紹介されています。
とてもエネルギッシュな健康パワーは無限の可能性を秘めているのです。

このようなことからも、やはり毎日無理なく続けたいと思うのであれば、明日葉、そして多少まずくてもより多くの栄養素を摂取したいと思うのであれば、ケールの青汁を選ぶのがおすすめです。

コメント